プログラミングスクール

【保証が手厚い】確実に転職するためのおすすめプログラミングスクール5つ

のんたん

nontan

京大工学部▶︎京大大学院情報学研究科▶︎日系企業のITエンジニア。研究室ではAI×通信の研究も行いAIにも知見あり。友人とプログラミング初学者向けブログ「はやぶさエンジニア」を運営。近日、Webサービスのリリース予定。26歳大阪在住

★本記事は10分で読み終えることができます。

知らない人が多い「転職できなければ全額受講料が返金される保証制度があるプログラミングスクール」を中心に解説する記事となっています。

Aさん
エンジニア転職を考えているけど、プログラミングスクールって転職できるのかな?転職できなかったら受講料返してくれたりするのかな。

こんな悩みを解決する記事です。

現役エンジニアである筆者がプログラミングスキルを身につけてキャリアアップをしたい人には、「プログラミングスクールが正しく最短で効率の良い選択肢であること」を解説しています。

なぜならプログラミングスクールの中には転職できなければ全額受講料が返金されるものが用意されています。なぜ返金保証なんて可能なのか、なぜプログラミングスクールに通うと転職ができるのかなどもしっかり解説していきます。

それぞれの特徴は本記事を読むとわかりますが悩むことは当たり前なので複数のスクールの無料カウンセリングを受けて受講するか決めることをおすすめします。今なら受講料が1万円割り引かれるキャンペーンもあるので是非。

プログラミングスクールを利用して転職は可能?

結論、プログラミングスクールは転職するための最強で最短の学習方法です。

プログラミングスキルを身につけるには大学などの学歴や資格を取ることは必要ありません。実を言うとプログラミングスクールが一番の近道と言えます。

理由としては近年では転職エージェント機能を備えたプログラミングスクールが充実し、企業側とも協力・連携をしてエンジニア育成環境が整いつつあることがあげられます。

本記事で紹介する有名な転職支援付きプログラミングスクールには以下の2つのサービスが充実しています。

・転職で評価されるプログラミングスキルの習得
・書類選考、面接対策、企業紹介の転職サポート

「ここのプログラミングスクールから転職した人はいい人材だから企業側も安心して採用する」といった好循環にある有名で実績のあるプログラミングスクールに通うことが大切です。

【重要】プログラミングスクールから転職のメリット

プログラミングスクールに通うことのメリットを説明します。

例えばあなたが独学でプログラミングを身につけて一般的な転職サイトで転職を探したとしますその場合、あなたは現役エンジニアと競合することになりますよね

ここがプログラミングスクールに通うメリットの最大の理由で「現役エンジニアと競合しないルートで転職できる」のです。

つまり、転職支援付きスクールからのアプローチは、現役エンジニアはほぼ利用することがないので、比較される競合のレベルが低いことになります。

そして、当然のことながら転職支援付きプログラミングスクールからの採用を利用している企業は、実務経験がない人を採用する前提です。

そのためプログラミングスクールに通うと実務経験がなくても普通に採用されるんですね。

一般的な転職サイトではそうはいきません。

1つ注意点としては、プログラミングスクールから実務未経験者を採用している企業の質は決して低くありません。名だたる有名な上場企業においてもプログラミングスクール卒業者を採用する企業が出てきています。

現状に不満があり、年収をあげたいと考えている人は就職支援付きスクールを選びエンジニアとしてのキャリアを検討してみましょう。

プログラミングスクールから転職できるのはなぜ?

結論から言うと「企業側とプログラミングスクールが連携して採用まで繋げているから」です。

そもそも転職プログラミングスクールのビジネスモデルは「受講生とスクールと紹介先企業」の3者で成り立っています(下の図参照)

プログラミングスクールは企業に受講生を紹介することで紹介料をもらい、利益を得ていることがわかるかと思います。

ここがプログラミングスクールの強みあり、受講生は企業へ転職できるんですね。

転職支援や転職保証のすごさ

プログラミングスクールには、「転職支援付き」と「転職保証つき」の2つのパターンがあります。

転職支援」とは、キャリアアドバイザーがそれぞれの受講生につき、転職相談から求人案件を紹介、エントリー・選考、内定獲得までの企業との仲介支援のことです。

転職保証」とは、転職支援に加えて、支援サポートで転職先が決まらなかった際に受講費用が全額返金される保証制度です。

今の仕事に不満がある人やキャリアアップしたい人にとって受講料が高くて一歩踏み出せない方もいると思いますので、全額返金の転職保証付きのプログラミングスクールに通うことでリスクを減らすことができます。

就職支援・転職支援付きプログラミングスクール一覧

プログラミングスクール転職
成功率
転職支援/保証転職
オン
ライン
費用期間

99%
転職保証あり298,000円12週

DMM WEBCAMP COMMIT

98%
転職保証あり350,800円12~16週
TechAcademy Pro記載なし転職保証あり
20代
298,000円12週〜

CodeCampGATE
記載なし
20代
448,000円4ヵ月

GEEK JOB
97.8%なし無料4週〜

転職成功率が最も高いのは「」です。転職支援の年齢制限はなく、30代以上も受講しているスクールです。

どんな方でも挫折させず、転職に必要なプログラミングスキルをつけ、エンジニア転職できる環境が整っています。エンジニア転職を確実に成功させたいなら、現時点では最も有力な候補と言えるでしょう。

転職支援・保証のプログラミングスクール6選

転職支援・転職保証ありや無料で受講できるプログラミングスクールを6つ紹介します。

今なら無料でカウンセリングを受けるとキャッシュバックされるサービスもあるので早めに無料カウンセリングだけでも受けとくことがオススメです。

各プログラミングスクールの特徴まとめ
  • 「転職率最強」絶対にエンジニア転職したい人はテックキャンプ
  • 転職先に優良企業を選びたい人はDMM WEBCAMP COMMIT
  • 最短でエンジニア転職したい人はTechAcademy Pro
  • LINEが自社研修にも扱っているスキルを身に着けた人はCodeCampGATE
  • 無料で転職をしたい人はGEEK JOB

テックキャンプは、エンジニア転職するための環境を徹底管理することで実績があります。600時間のプログラミング学習時間をメンターによって徹底進捗管理し、最短10週間でエンジニア転職まで走り抜けます。(*転職先の年収も高め)

DMMの企業としての強さによって転職先の企業求人が優良求人が300件以上と幅広いので、自分にあった転職先を見つける可能性を高めたい人は「」がおすすめです。そのため卒業生の転職先での定着率は99%と高く、希望通りの転職が可能なスクールです(*転職保証あり

他にも「TechAcademy Pro」や受講料が無料で転職ができる「GEEK JOB」があります。

それではこれから1社ずつ紹介していきますね。

1. テックキャンプ エンジニア転職(転職保証あり)

就職・転職支援に強いプログラミングスクール5選を徹底比較
言語Ruby、HTML、CSSなど
期間10週間、6ヶ月
価格648,000円/10週間
848,000円/6ヶ月
転職できなければ全額返金保証あり
受講スタイルオンライン受講可能
備考30歳を超えても利用可能で返金保証あり
テックキャンプの特徴

転職率99%で「とにかく挫折せず、エンジニア転職にコミットできる」ことが最大の特徴です。

テックキャンプでは、基礎学習からオリジナルアプリ開発まで含めて「合計600時間」の学習を行います。これは他のスクールと比べても多く、挫折する学習量です。

テックキャンプでは、ライザップのような徹底した進捗管理によって、どんな人でも勉強をやりきる環境を作ることができます。

詳細としては受講生1人に対し、2人の講師(プログラミング講師と日々の学習を支えてくれるマンツーマンのライフコーチ)が付き、学習進捗を徹底サポートしてくれます。

転職先の年収

結果、卒業生は良い年収水準で転職できている方も多いです。

プログラミングスクールでは、年収300万円くらいで決定するスクールも多く、テックキャンプでは400~500万の転職先が多いそうです。他スクールよりも100万ほど高くなっています。

ただ、エンジニア転職では初年度の年収にこだわる必要はないですが、年収を下げることに抵抗がある方もいると思います。

その点でもテックキャンプ エンジニア転職はおすすめです。転職先でキャリアを積めば800万は到達できますし、フリーランスエンジニアになればさらに稼ぐことができます。

短期コースと長期コースが選べる

短期集中コースは10週間コースで、最短でエンジニア転職できるカリキュラムです。

さらに期間が短いスクールでは、学習量が十分でないデメリットがあり、習得できる技術レベルや転職先の企業レベルが落ちてしまいます。

(※本業をしながら6ヶ月かけて学ぶ長期コースも用意されています。同様に600時間の学習によってスキルを付けて好条件で転職が目指せます)

30歳以上にも転職保証あり

20代限定のスクールがある中、30代以上にも手厚いスクールは他にありません。

  • 受講生の3分の1が30代
  • 30代の転職実績あり
  • 30代も転職できなければ全額返金保証

挫折しない環境を作りたい人や最短10週間で転職したい人、30代の人はテックキャンプエンジニア転職を選びましょう。

サポートが手厚いため費用は高めですが、エンジニアになる最大のメリットの副業を視野に入れれば月10~20万は副業で稼げるので正直気にする必要はないと思います。

気になる方がいたら、毎日オンライン開催されている「」に参加することが最初のステップです。これまでの経歴を元にあなたにあった転職先の企業、働き方、ライフプランまで丁寧に教えてくれますよ。

30代以上の方でキャリアについて悩んでいたら是非一度相談してみてください。

2. DMM WEBCAMP COMMIT(転職保証あり)

言語Ruby、HTML、CSSなど
期間3ヶ月
価格628,000円/3ヶ月(国の補助金でお得に受講も可能
転職できなければ全額返金保証あり
受講スタイル教室型(東京・大阪)or オンライン受講可能
備考なし
DMM WEBCAMP COMMITの特徴

DMM WEBCAMP COMMITは、転職決定率98%の受講者がほとんど20代で未経験からの転職にこだわったサービスが特徴です。

以下のような特徴があります。

  • キャリアアドバイザーがマンツーマンでつく
  • キャリア相談や求人紹介、経歴書添削や面接対策などを全て無料で実施
  • 転職できなければ全額返金保証(20代限定)
キャリアサポートが圧倒的に充実

マンツーマンのキャリアサポートは、他のスクールと比較しても徹底的に注力しています。

転職先にはDMMグループの企業パワーによる優良な企業が300者以上あり、転職後の定着率が99%となっています。

「受講生の働きたい環境にマッチする豊富な転職先 + マンツーマンの徹底した転職サポート」のコラボで転職後定着率が99%なんですね。(IT業界の定着率は75%前後なので、定着率99%は非常に高いです)

定着率を明確に記載しているプログラミングスクールは他にないのでDMMは自信を持っていることがわかります。関係者に聞くと、公式サイトに記載していない優良転職先もあるそうなので、是非無料カウンセリングで転職先などを相談してみてください。

転職を見越した実践カリキュラム(転職保証あり)

3ヶ月のカリキュラムが組まれています。

1ヶ月目:基礎学習
2ヶ月目:チーム開発
3ヶ月目:個人開発「オリジナルアプリ開発」

転職では個人開発力に加えて「チームでの開発力」が重視されます。2ヶ月目にGitを含めたチーム開発のスキルがつけられるのがいいですね。

3ヶ月目の個人開発では「オリジナルアプリ」を開発し、現役エンジニアからレビューをもらえます。3ヶ月後には、転職で有利なチーム開発スキルとオリジナルアプリ開発スキルを習得できる充実したカリキュラムです。

転職先も含めて希望通りの転職をするならDMM WEBCAMP COMMITにしましょう。

3. TechAcademy Pro

言語Java
期間12週
価格298,000円(税抜)
受講スタイルオンライン完結
備考転職保証あり
TechAcademy Proの特徴

TechAcademy Proは、オンラインスクールの最大手であるTechAcademyの転職に特化したサービスです。

Javaを使ったオリジナルサービス開発経験を積めるカリキュラムでGitを含めてチーム開発まで経験でき、転職に必要なスキルを身につけられます。

1週〜6週:基礎Webアプリ開発
7週〜12週:Webアプリの拡張機能開発

パーソナルメンターによる進捗管理によって12週で300時間の学習時間を確保するので、自分自身を強制的に勉強する環境に置きたい人にオススメです。

12週のプログラミング学習が終了すると6ヶ月間の転職活動に入ります。もし転職ができない場合は受講料が全額返金されるので安心して転職活動ができます。

特にTechAcademy Pro独自の履歴書フォーマットも用意されていて、書類作成から面接対策、東京の転職活動のためのシェアハウスまでサポートしてくれます。

まずは無料カウンセリングしましょう → TechAcademy Pro

4. CodeCampGATE(転職支援あり)

言語HTML/CSS、JavaScript、PHP/MySQLなど。
期間4ヵ月
価格入会金30,000円、4ヵ月448,000円(税抜)
受講スタイルオンライン型
備考毎日/7時~23時開始まで対応
CodeCampGATEの特徴

CodeCampGATE大手IT企業が法人研修として導入(LINE、ガンホーなど)している最強のカリキュラムで、期間は4ヶ月で基礎学習2ヶ月、実践学習2ヶ月で徹底的にプログラミングスキルを身につけることができます。

オンラインでのみのスクールで、マンツーマンレッスンを、毎日7時~23時の間ならいつでも開始可能で社会人の間でも時間を見つけて学習できる形式をとっているのが特徴です。

長期の徹底的にスキルがつくカリキュラム

初めの基礎の2ヶ月で、PHPを使ったECサイトをフロントからバックエンドまで構築します。メンターが学習計画を見つつケアしてくれるのでモチベも保てます。並行して、キャリアアドバイザーと面談をしながら転職活動に向けた対策を進めていきます。

後半の2ヶ月では現役のエンジニアメンターと共同開発をしてチーム開発に必要なスキルを模擬的に経験します。具体的には、現場開発では必須のコードレビューやデバック処理を経験できるのでとても有効です。

ツールとしてはGitやVagrant、Dockerなどで、ツールの扱い方も学べるので転職後スムーズに開発業務に参加できるスキルが身につきます。

他のスクールよりコース期間は長いですが、プログラミングスキルが一番身につくことにもなるので実際に転職した後に即座に活躍できるということですね。

引越しまで転職支援サポートがある

転職に関するサポートサービスですが、求人サイトのFind Job、スキル可視化サービスのLAPRASなどしっかり揃っていますし、なんと引っ越しのフォローまでしてくれます。

今なら無料のオンラインビデオ通話相談を受けると受講料が1万円の割引になるので、受講するか雰囲気を掴むために相談をして割引チケットをもらうのがオススメです。

5. GEEK JOB

プログラミングスクール 就職支援
スピード転職コースプレミアム転職コース
言語インフラ技術メインプログラミング技術メイン(Java、Ruby)
期間1ヶ月〜3ヶ月3ヶ月
価格無料398,000円
受講スタイルオンラインまたは通学(東京)オンライン
備考受講にあたり選考あり選考なし
GEEK JOBの特徴

GEEK JOBではスピード転職コースがあり受講料が0円が最大の特徴ですね。「最短1ヶ月」でエンジニア就職を目指すコースです。

転職に必要な最低限のスキルを22日間で無料で学びつつ、就職を目指せます。講師にわからない場所を質問しながら、学びながら転職の対策もしていきます。

転職先としては、SESが中心となりますが、エンジニアとして力をつけるにはSESの企業も選択肢として良いと思います。そのあと、フリーランスや副業とスキルを活かすことを目指しましょう。

無料かつ短期間なので独学をしていたが学びきれない場合にGEEK JOBがおすすめです。やはりGEEK JOBだけだと学習時間も短めなので、他のスクールと比較するとスキルは見劣りします。

とにかく無料で転職をしたい人がGEEK JOBを検討するといいかなと思います。

【無料カウンセリングを受ける人は以下のリンクから】

スピード転職コース
プレミアム転職コース

プログラミングスクールの選び方まとめ

本記事では転職支援・保証が手厚いプログラミングスクール5つを紹介しました。

もう一度各プログラミングスクールの特徴をまとめておきますね。

各プログラミングスクールの特徴まとめ
  • 「転職率最強」絶対にエンジニア転職したい人はテックキャンプ
  • 転職先に優良企業を選びたい人はDMM WEBCAMP COMMIT
  • 最短でエンジニア転職したい人はTechAcademy Pro
  • LINEが自社研修にも扱っているスキルを身に着けた人はCodeCampGATE
  • 無料で転職をしたいならGEEK JOB

それぞれのスクールの特徴は、上記でわかると思いますが、悩んで当然なので、まずは無料相談や無料説明会に複数参加して自分の目で比較してみることが大切です。

今では相談もオンラインですぐ予約できますし、スクール選びはキャリアプランに関係する大事な選択です。しっかりと相談して自分の転職について決めてくださいね。

現状に不満がある、エンジニア転職したい人などに是非参考になれば幸いです。

ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
のんたん

nontan

京大工学部▶︎京大大学院情報学研究科▶︎日系企業のITエンジニア。研究室ではAI×通信の研究も行いAIにも知見あり。友人とプログラミング初学者向けブログ「はやぶさエンジニア」を運営。近日、Webサービスのリリース予定。26歳大阪在住

-プログラミングスクール
-,

© 2021 はやぶさエンジニア Powered by AFFINGER5