GCP

【2021年最新】Google Cloud Platformの登録方法や使い方

ぐぅ

ぐぅ

京大工学部▶︎京大大学院情報学研究科▶︎日系企業のITエンジニア。研究室ではAI×通信の研究も行いAIにも知見あり。友人とプログラミング初学者向けブログ「はやぶさエンジニア」を運営。ノーコードで企業し、サブスク型サービスを運営。26歳大阪在住

★本記事は5分で読み終わることができます。

Googleが提供するクラウドサービスGCPを利用してみたい方に向けた登録方法を解説する記事となっています。

Goole Cloud Platform(以下GCP)は、簡単に様々なデータ解析や機械学習などの支援するサービスや、Webサーバ、データベース、コンテナといったインフラをクラウド上で利用できるプラットフォームです。

今の時代は、オンプレミスな環境を構築する必要がなくなりつつあり、GCPへ接続しアプリやWebサービス、データ収集から解析までを完結させる環境構築がベスト方法となっています。

GCPはインフラやデータ分析といったプロフェッショナルな知識がなくてもユーザが利用できるように設計されたものなので誰もが簡単に利用できます。

今回はGCPの登録方法や使い方を順をおって説明していこうと思います!!

GCPとは

そもそも「GCPとは、GoogleがYoutubeや検索エンジン、Mapなどのサービスを構築している基盤をユーザ・クライアントに向けて使えるようにしたクラウドサービス」です。

Googleの超エリートエンジニアたちが使っている社内基盤を利用できる素晴らしいサービスですね。

特徴

GCPとは、 Googleのインフラの上で利用可能なクラウドサービスです。

WEBアプリを実行したり、ストレージにデータを保存したり、保存したデータを分析できるサービスなどが数多く提供されています。

Googleアカウントを持っている人(みなさんGmailをお持ちじゃないでしょうか?)なら簡単に利用できてしまうんです!

メリット

GCPのようなクラウドサービスは、使うたびに課金されていく従量課金という料金体系になっています。

GCPのメリットとして、有料のサービスにも一定の無料枠が定められていて、無料枠を超えてしまったとしても料金がとても安いです。本当にびっくりします。

また、Google自体が使用しているインフラ環境と同じ環境で私たちもサービスを使用することができます。

つまり、Googleの強固なセキュリティのデータセンターにデータを保存可能で、Google独自の高速な専用線を利用できるためデータへのアクセスもサクサクです!

google cloud platformの登録方法や使い方

概要:登録するにはGmailを作るだけ!

GCPを使うために必要なことは

Gmailを作成してアカウント登録するだけ(クレジットカード情報は必要)

とても簡単ですね!!

無料トライアルで$300分が利用できるので、無料の範囲内で十分に遊ぶことができますよ。

登録手順

GCPの公式サイトから、Gmailで登録しましょう!!

GCPのサイトにアクセスすると以下のような登録画面に移動するのでメールアドレスを入力しましょう。

そしてパスワードを入力します。

パスワードの入力が終わると最初の画面に移動します。

左のサイドバーにGCPの主要なサービスが並んでいて、ピン留めをしていつでも即座に利用できるようになっています。

まとめ

今回はGCPの登録方法と使い方について紹介していきました。

紹介したサービス以外にもたくさんの素晴らしいサービスが搭載されています。

また、MicrosoftのAzureやIBMのWatson、AmazonのAWSなどをそれぞれの強みがあるので、今後紹介していけたらと思います!

明日からあなたもAIエンジニアだ!では、最後まで読んでいただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人
ぐぅ

ぐぅ

京大工学部▶︎京大大学院情報学研究科▶︎日系企業のITエンジニア。研究室ではAI×通信の研究も行いAIにも知見あり。友人とプログラミング初学者向けブログ「はやぶさエンジニア」を運営。ノーコードで企業し、サブスク型サービスを運営。26歳大阪在住

-GCP
-, , ,

© 2021 はやぶさエンジニア Powered by AFFINGER5