SQL データサイエンス 入門

【初心者必見】SQLのサブクエリを徹底解説!!

SQL初心者の人に是非知ってほしい書き方である「サブクエリ」について解説していこうと思います。

サブクエリとは、全体のテーブルから一部を抜き出して一つのテーブルを作成するものです。

サブクエリが身につけば

SQLでのデータ解析の幅がとても広がります!!

【初心者必見】SQLのサブクエリを徹底解説!!

サブクエリの基本

サブクエリを具体例に沿ってみていきましょう。

下のようなデータがあり、男性(sex = 1)と女性(sex = 0)で分けて整理したいと考えたとします。

こんな場面でサブクエリが役立ちます!!

nameagesexsports
Bob201baseball
Judy190football
Kate240tennis
Mary220baseball
Mike221tennis
名簿"list"

基本的な書き方である「WITH」句についてみてみましょう!!

下のクエリが、男性だけを抜き出してmanという名前のサブクエリを作ったものです。

# 男性だけ抽出
WITH man as {
SELECT *
FROM list
WHERE sex = 1
}

めちゃくちゃ簡単ですよね!!上で作成したmanに対して続けてSELECTを書いていくことができます。

# 男性だけ抽出
WITH man as {
SELECT *
FROM list
WHERE sex = 1
}
# manに対してクエリを書ける!
SELECT *
FROM man
WHERE sports = "baseball"

このように男性だけのテーブルを作成した後に、baseballをやっている人を取り出すことができます!!!

SQL初心者の人はぜひ覚えてください。サブクエリを使用するとコードの頭の整理がしやすくなるし、可読性も上がるし良いことだらけです😊

UdemyのSQL講座がおすすめなので余裕があるひとは是非!!
はじめてのSQL ・データ分析入門 -データベースのデータをビジネスパーソンが現場で活用するためのSQL初心者向コース

サブクエリの応用

複数のサブクエリを作成する方法を解説していきます!!

男性と女性それぞれのサブクエリを作成していきます。

特に難しいことはありません。下のコード例をみてください!

# 男性だけ抽出
WITH man as {
SELECT *
FROM list
WHERE sex = 1
}

, woman as{
#女性だけ抽出
SELECT *
FROM list
WHERE sex = 1
}

# manに対してクエリを書ける!
SELECT *
FROM man
WHERE sports = "baseball"

カンマで続けて書くだけです笑!!

WITHを連続で書いたらエラーが出てしまうので注意が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか??

SQLはデータベースでデータを抽出するのに使用し、初心者の人でも簡単に扱えるのが特徴です。

今後もデータ解析が世の中で流行っていくと思いますので、身につけたいプログラミング言語の一つですね!!

サブクエリを身につけてSQLを使いこなしましょう!!!


-SQL, データサイエンス, 入門
-, , , , ,

© 2020 はやぶさエンジニア Powered by AFFINGER5